ブックレビュー

スポンサーリンク
ブックレビュー

西村京太郎『終着駅(ターミナル)殺人事件』レビュー

西村京太郎『終着駅(ターミナル)殺人事件』レビュー 『終着駅(ターミナル)殺人事件』(光文社公式サイト、読書メーター)は、同じ西村京太郎作品の中でも『浅草偏奇館の殺人』のような異色作ではなく、時刻表トリックその他を駆使した王道のトラベルミス...
ブックレビュー

西村京太郎『浅草偏奇館の殺人』(文春文庫、2000年)レビュー

西村京太郎『浅草偏奇館の殺人』(文春文庫、2000年)レビュー 『浅草偏奇館の殺人』(文春文庫公式サイト、読書メーター)は、過去(遠い昔)に浅草で起きた連続猟奇殺人事件をメインのテーマとする、ミステリ小説です。 「西村京太郎作品といえばこれ...
ブックレビュー

池波正太郎『江戸の味を食べたくなって』(新潮文庫、2010年)

池波正太郎『江戸の味を食べたくなって』(新潮文庫、2010年) 『江戸の味を食べたくなって』は、作家・池波正太郎さんのグルメエッセイです。 金にものを言わせて云々というタッチで進められる世界での話しではなく、それはそれとしておいておいた上で...
ブックレビュー

【街歩きと横浜史】栗田尚弥『米軍基地と神奈川』(有隣新書、2011年)

【街歩きと横浜史】栗田尚弥『米軍基地と神奈川』(有隣新書、2011年) 横浜関連本だとどうしても敬遠されがちな「横浜の戦後」について切り込まれている本です。 横浜が米軍の日本上陸と占領政策の拠点となったことから中区の大半を摂取地として持って...
ブックレビュー

【街歩きと横浜史/ブックレビュー】高木彬光『「横浜」を作った男 易聖・高島嘉右衛門の生涯』(光文社文庫、2009年)

【街歩きと横浜史/ブックレビュー】高木彬光『「横浜」を作った男 易聖・高島嘉右衛門の生涯』(光文社文庫、2009年) もし「当たるも八卦当たらぬも八卦」の判断が百発百中だったらどうしますか? というような不思議な話が根底にある、かつての横浜...
ブックレビュー

【街歩きと横浜史/ブックレビュー】横浜プロテスタント史研究会『横浜開港と宣教師たち』(有隣新書、2008年)

【街歩きと横浜史/ブックレビュー】横浜プロテスタント史研究会『横浜開港と宣教師たち』(有隣新書、2008年) 開港期の横浜に居留していたプロテスタントの宣教師11人について、特に「開港当時の横浜山手の教育事情」と共に詳しく触れている本です。...
ブックレビュー

【街歩きと横浜史/ブックレビュー】田村明『都市ヨコハマ物語』(時事通信社、1989年)

【街歩きと横浜史/ブックレビュー】田村明『都市ヨコハマ物語』(時事通信社、1989年) 横浜の今昔 横浜の、物語風の通史が都市計画・開発に関わった著者によって書かれた、「横浜通史」の中では最も読みやすい類の一冊です。 市歌(横浜市公式サイト...
スポンサーリンク